システム建築ならメーカーでなくビルダーへの依頼がおすすめ!倉庫・工場建築業者を比較ランキングで紹介しています。

システム建築で建てられるスポーツ施設の種類をご紹介

公開日:2020/05/15  最終更新日:2020/05/20

システム建築は、統一された規格の資材を用いる分だけ、従来の工法よりも大幅に少ないコストと時間での施設構築が可能です。特に工期や予算コストを重視しなければいけない工場や倉庫の建設にメリットがある手段ですが、スポーツ施設の建築に関しても大きい力を発揮します。

システム建築の基本について教えて

従来の工法で建物を作る場合には、材料手配と工場製作と現場工事の3つの工程が必要となります。これはスポーツ施設を建設する場合も、種類による例外はありません。

各工程で安全性を考えつつ、部品の厳選をする必要も考えた場合は、それぞれの段取毎に平均で2ヶ月の時間を要する事になりますので、施設の規模による誤差を計算に入れるにしても、完成までは平均で6ヶ月は見る必要があります。

それに対して、システム建築で段取を進めた場合は、工場製作の手間が省略されます。その上、工事に使う資材については、色や仕様が統一されており、微調整も可能であり、約3ヶ月~4ヶ月程度で施設を1つ完成させる事が出来るというメリットがあります。

安全面についても資材制作の段階から高耐久性を追求した設計になっていますし、熟練の建築士が準備出来なかったとしても、簡単に制作出来る仕様になっていますので、どんな条件下での建築工事であったとしても一定のクオリティが担保されています。

耐火性や耐震性についても、しっかり意識している設計工法ですので、建築に掛かる負担も最小限で済む上、耐用年数も明確化されていますのでメンテナンスの時期を計るのも容易です。

昨今の人手不足や資材高騰といった建築業界を悩ませる問題を、広範囲でカバー出来る汎用性の高さがシステム建築のメリットですので、スポーツ施設建設を考えている場合は選択肢に入れて考えてみるのも良いでしょう。

製作可能規模と平均的な予算について教えて

事前に用意した規格の中から、最も条件に合った物を選択してその上で微調整を行うという段取ですので、建設会社の事情による差異はありますが小規模工場や事務所から、巨大な規模の施設まで建築可能となります。

大手ゼネコンの様に大量の人員や機材を投入出来ない場合でも、システム建築の場合は、差ほど大きな問題にならない事も押えておきたいポイントです。

中に展示物を入れなければならず、柱が多いと搬入の時に大きな問題になるケースだったり、各作業工程の作業動線を切らない様にしたい等のケースもあり、そういう時には従来の工法では対応が難しくなる事も多かったのですが、システム建設のノウハウであれば、スペースの確保や頻繁なレイアウトの変更も容易に出来る建造物が製作可能です。

スポーツ施設で言うならば階数によって、ウエイトトレーニング場やプール、ダンススタジオ等用途が異なる施設が入る事もありますが、各階層に違う作りにして繋ぎ合わせるといった処理が可能である事も押えておきたいポイントと言えます。建て増しであったり、メンテナンスの容易さという意味でも、システム建築の方が多くのメリットが見込めます。

総合的な建物の耐久性もプレハブやテントの類よりもずっと強く、スポーツ施設としても十分性能が発揮出来る良い建物が製作可能です。予算についても、鉄筋コンクリ―ト造か、木造かといった点で多少の差が出ますが、坪単価も含めて41万円程度が平均相場であり、とてもリーズナブルになります。

そういった点を勘案するならば、予算と具体的機能の両立がしたい時に特にメリットがある工法であると言えます。

システム建築で出来るスポーツ施設の種類を教えて

アイススケート場の様な特殊なスポーツ施設であっても、十分に建築可能です。屋上に太陽光パネルを設置しつつ断熱材を壁に組み込むといった工夫をする事も出来、工夫次第で光熱費等を大きく削減出来るケースも珍しくありません。

他にも、ボルダリングやスカッシュ等の設備費用の初期投資が一定以上不可避となるパターンでも適用可能です。改築や増築する事も可能ですので、最終的に売却を前提にした施設として建設するという選択肢もありますし、様々なビジネス目的での建物が出来ると考えても過言ではありません。

これ以外にも、あるいは学校体育館等もスポーツ関係の建物として製作可能です。バスケットボールやバレーボール等、無柱の空間の中だからこそ出来る競技を意識した作りに出来る事は勿論、見学者が大勢入っても窮屈にならない設計の追及が出来ます。

シャワールームやトレーニングルーム等もしっかり用意可能である事も捨て難いメリットと言えます。 建物全体に掛かる予算を押えられる分、外面のライトアップであったり、あるいは内装品へのこだわりであったり、別の方面に資金を投入出来る事も大きなポイントです。

ちなみに、規格が統一されているとは言えども、外見に関してもかなりの部分の調整が出来ますので、周辺の地域環境に合わせつつ、独自性を追求した様なデザインにすることも可能です。その意味では、単に出来合いの物を機械的に当てはめるだけの工法では無いとも言えます。

 

システム建築は従来の工法で半年掛かる段取を、資材の規格統一により3ヶ月~4ヶ月程に短縮出来る建築法の事を言います。耐震性や耐火性にも優れており、店舗の事情に合わせた微調整が可能な所も大きなメリットと言えます。

建築可能なスポーツ施設もアイススケート場やスカッシュ、ボルダリングと言った特殊な物から体育館まで、対応可能範囲が広いです。トレーニングルームやプールの併設も可能な事も大きなポイントです。

倉庫・工場建築業者ランキング!

商品画像12
3
4
5
商品名ガンコ建築株式会社株式会社コア矢作建設工業株式会社石井工業株式会社株式会社小竹組
特徴工場・倉庫に特化したシステム建築のエキスパート高品質・低価格な工場・倉庫を建設可能オールマイティな建築実績を持つ長い歴史を誇る地域密着業者幅広い物件ジャンルに対応
詳細リンク公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ

おすすめ関連記事

サイト内検索
倉庫・工場建築業者ランキング!
株式会社コアの画像
記事一覧