システム建築ならメーカーでなくビルダーへの依頼がおすすめ!倉庫・工場建築業者を比較ランキングで紹介しています。

倉庫を建築する際に考えておきたい防犯セキュリティのポイントとは?

現在は宅配サービスを重要視している関係から、商品を保管するための倉庫の新設が増加しています。倉庫というのは大量の商品を安置していますが夜間になると人の出入りが極端に少なくなる傾向が強く、防犯によるセキュリティ強化を重点的に行う必要がある施設と言えるでしょう。

倉庫の基本的な構造はどうなっているのか

倉庫は一般的な住居やビルと異なり、原則的には人間がそこで長く生活することを想定していません。大きな建物で時間に関係なく常に稼働しているところであれば、宿直や警備員といった人員に対する配慮が行われますが、昼間しか動かない場合はほとんどのケースで箱形の建物にトラックなどが停車するための出入口があるというのが通常の形になります。

このような建物は独自性よりも効率やコストを求めるのでシステム建築という同一化された資材を使って建設される場合が多く、大規模な構造物以外、強度はあっても頑丈で重厚な壁が建物に使われていないことがほとんどです。

壁で使われている資材はパネル形式のものが多くなっていて、コンクリートなどで一体化するような構造は建設費用と工事日数がかかってしまうため、新設ではあまり好まれていません。

そして人間が出入りする場所がそれほど多くないという特徴をもっているので、普段から使用頻度が少ないと盲点になって不審者が侵入に使用することもあるでしょう。これはシステム建築でも正面だけでなく不足な事態になった場合の避難経路を確保することが関連する法令で決まっているからであり、業務にはあまり必要のない出入口が存在することになります。

倉庫というのは街中に建設するということが少なく、一般的には海岸の埋め立て地や郊外といった場所が候補地になるでしょう。そのため普段から周囲に人の目が行き届かない場合が多くなっているので、新設する際には防犯体制を確実に行うことが必要になります。

セキュリティ対策で行われている方法とは

倉庫はその規模や運営のやり方によって防犯の方法も異なっていて、大規模な建物になるほど稼働時間が長くなって関係者の出入りも頻繁に行うので、警備員を常駐させて施設の管理を行っている場合が多くなっています。

しかし、このような建物では一つの企業だけが使っているわけではないところもあり、複数の業者が共同で使用しているようなケースでは警備員がいても全てを管理することが難しくなっていて、そのような場合には業者が個別で警備会社に警備を一任するということが多くなっています。

個別で警備を依頼すると、防犯センサーを設置して異常を感知すると警備員が急行して確認するという方法が行われていて、このやり方ではコスト削減はできますが異常が発生して駆け付けるまでにタイムラグが生じてしまうというデメリットがあります。

この方法では平均して数分で到着するという統計が出ていますが、僅かな時間であっても不審者が侵入するには十分であるため、他の警備方法と併用するか建物自体のセキュリティを堅固にするしかありません。

近年では扉の鍵を電子錠という複製が難しいタイプにしたり、窓を開閉できないようにする場合もあります。このような方法はシステム建築であっても柔軟に取り入れることができるので、新規に設置する際に人的な防犯に不安を感じるのであれば、建物を部外者が強硬手段を用いて侵入できない構造にすることが重要になってくるでしょう。

倉庫の欠点を知ることで防犯性能が向上する

不審者というのは人間の視線をとても嫌う傾向があり、視線が届きにくくなる場所や暗がりを侵入経路にする場合がほとんどです。そして倉庫というのはその性質上、現金などはあまり保管しておらず、ほとんどが市販されている物品になります。

このような物品を運び出すためには人数が必要になり、少人数で行うのであればリフトなどを使って運び出したりします。他の職場では制服があったり背広といった正装で業務を行うので誰が関係者か判別しやすくなっていますが、倉庫ではアルバイトなどで働く人は私服で業務を行っていることがあり、服装での判断は難しくなっています。

そこで関係者の出入口を制限して部外者の侵入を排除すると共に、リフトなどの機器の管理を徹底することが大切になります。リフトなどは専用の鍵がなければ起動できなくなっていて、その鍵を特定の場所で管理できれば勝手に使われるという危険性は無くなります。

また経費節減で使われていない区画や出入口は照明機器があっても消灯するケースがありますが、そのような場所を減らすことで不審者が入りにくい環境を作ることができます。

システム建築で建てられた建築物は構造が似ているので、専門に侵入している者であれば経験からどこが弱点なのか知っています。その弱点を潰していくことで、人間や機械だけでは対応できない部分のセキュリティを補うこともでき、防犯にも役立ってくれるでしょう。

 

倉庫というのは少しでも早く運用したいという意向が働くので、システム建築という工期が短縮できる建物を選択しやすくなっています。システム建築には多くのメリットがありますが、画一化された資材を使うのでどうしても建物が似たような構造になってしまうので、他とは異なるセキュリティ対策を行わなければ、防犯性能が向上するとは言えません。

おすすめ関連記事

サイト内検索
倉庫・工場建築業者ランキング!
株式会社コアの画像
記事一覧