システム建築ならメーカーでなくビルダーへの依頼がおすすめ!倉庫・工場建築業者を比較ランキングで紹介しています。

倉庫を維持するランニングコストを下げたいならシステム建築がいい理由とは?

倉庫を維持するためのランニングコストというのは倉庫管理を行っている方にとって一番の悩みどころでしょう。倉庫の維持に関してかかるコストは倉庫の管理だけではなく、建物自体の保全や安全管理などあらゆる部分の保全と維持にかかってくるのが基本です。今回はシステム建築によるランニングコストの軽減についてご紹介します。

システム建築とは?何が優れているのか

システム建築とは、建物の各部分を構成する骨組みや屋根、外壁などの部分材を標準化する、すなわち既製品化することによって建築生産をシステム化した建築のことを指します。

わかりやすく言うならば、この施工を行うにはまずあらかじめその建物がどのような目的をもって作られるか、たとえば工場や倉庫や店舗などそれぞれの建物に適した建築工法を想定します。その想定に見合った仕様や部材をあらかじめ用意して組み立てることで、短い工期で低価格の建物を実現することができるのです。

このシステム建築は、従来は工場など建物の外観が簡素化され、機能を重視した施設で利用されていましたが、近年では短い工期で低価格での建築が可能のため、店舗やイベントホールなどさまざまな分野の建築計画に用いられるようになりました。

この建築の施工上のメリットとしては、すでに部材がある程度の強度を持つために外壁の取り付け作業などにおいて仮設足場が不要であることがある点などです。このほかにも、事前にある程度の計画と仕様を提示し想定しておくことによって、強度のある部材やまた作業を想定して重量を調整した材料の用意が可能になります。

システム建築のランニングコストは?おすすめされる理由とは

システム建築は施工が短期であることや安価であること以外にもランニングコストの面においても優れています。従来工法と比べれば施工価格としては安くなります。

しかしながら運営していくにあたっては、その部分の初期投資のみで考えるとのちのち余計なコストがかかってしまう場合があります。たとえば稼働してみた際の利便性や光熱費がかさんでしまう可能性もあります。

この建築は従来建築とは異なり外観や素材などにこだわれない分、利便性などにこだわってその部分にコストをかけることによって結果的に生産性の向上につながることもあるでしょう。

この建築を行う際にはただ安価を求めるだけではなく、そのようにほかの部分にコストをかけることで、ランニングコストの軽減につながり、従来建築よりも総合して安く運営することができるようになる可能性があります。

またシステム建築は短期で施工できる一方で、あらかじめサイズが決まっている部材であっても事前の想定を行っておくことで一ミリ単位での調整が可能であり、プレハブやテントなどの簡易建築物よりも高品質高強度でありながらも安価な建築を行うことができます。

プレハブやテントは短期の建築物としては最適ですが、一方で強度等に不安があるために長く使うことはできずランニングコストとしてはあまりいいとは言えないでしょう。システム建築を使うことによって簡易建築物の良い部分を残しつつ、より高品質で満足度の高い建築を実現することができます。

システム建築の倉庫のメリットとは?

システム建築によって倉庫を建築することのメリットは安価で短期間に建築できることがあげられます。構造と建材を徹底的に検証して作られたシステム建築で倉庫を建築する際には、最も合理的な形で建物が構築されるため、コスト面でも期間の面でも最適な方法がとられます。

また外観などにおいてコストをかけていない分、光熱費の軽減やオーナーのこだわっている点にコストをかけることができるためオーナーのニーズに合った倉庫を建築することができるでしょう。

強度と耐久性にも優れているために倉庫の利用のためだけではなく工場や事務所や店舗、撮影スタジオなどとして利用することが可能になります。すなわち倉庫として利用するよりもマルチに場所を使うことができるため、その点において利益となる可能性が生じるのです。

倉庫利用していないときの利用について悩んでいるオーナーは非常に多いですが、その問題を解決する方法としてシステム建築で最初から倉庫としての利用だけでなく、その他の場所利用を想定しておくことでリスクヘッジを行えるということがメリットにあげられます。

一方でシステム建築のデメリットとしては外観デザインに関しての自由度が低いという点があります。倉庫を建築する際にすでにほかの場所利用を考えているならば、外観に関しては施工の際に相談しておく方が後々の使用のときに困らないでしょう。

 

システム建築によって建築することによって短期間、安価という点だけではなく丈夫で耐用年数が長い、ほかの場所利用が可能であるなどランニングコストの面でも多くの点においてメリットが得られます。今後倉庫の運営を行うならシステム建築を視野に入れるのもいいでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
倉庫・工場建築業者ランキング!
株式会社コアの画像
記事一覧