システム建築ならメーカーでなくビルダーへの依頼がおすすめ!倉庫・工場建築業者を比較ランキングで紹介しています。

増設もスピーディー!システム建築なら事業計画が立てやすい理由とは?

公開日:2020/12/15  最終更新日:2020/11/25


従来の工法で建物を作る場合、完成までの期間が長く、費用も決して安いものではありません。そのため、増設工事を考える際に後手に回ってしまうことも多くなります。しかし、システム建築であればこうした問題は改善することが可能です。そこで今回は、システム建築の基礎知識とともに、事業計画が立てやすい理由についてお話しします。

システム建築について

従来の工法で建物を1つ作る場合、規模や目的にもよりますが最低でも半年程度は掛かります。理由としては材料の調達と拠点の工場の制作、そして実際の工事が必要となり、それぞれに2ヶ月前後の期間を見る必要があるからです。建物に何らかの趣向を凝らしたい場合には、合計半年以上の期間がかかり、費用も増えていきます。加えて、事業にはある程度やってみないとわからないことがあります。

とくに建築関係は多額の資金が必要なこともあり、最初から必要経費と誤差の範囲がどの程度のものか明確であるならば、早い段階で後々の展望まで見越した事業計画が立てられます。そういった点を適切にカバーしてくれるのがシステム建築です。

システム建築とは、建物建築に使う部品の規格がすべて統一されている工法のことで、従来の工法の中ほどにあった工場制作の段取りを省くことができます。耐震性と耐火性にも優れており、規格が統一されている分だけメンテナンス時期や耐用年数もかなり詳細に読むことが可能です。

それによって増設はもちろん、事業計画の立案も従来工法で進めるよりも簡単になります。1階をテニスコートにしつつ2階部分をプールにする等の変更も可能で、場合によっては10年以上先のことまで一応の目途が付く点において大きなメリットを見込めるでしょう。

システム建築の適用可能範囲

ボルダリングやスカッシュのように、一定以上の初期投資が不可避になる様な変わった建物の建築だけでなく、柱ができるだけ少ない方がよい作業工場の制作も可能です。また病院や学校等の建築にもシステム建築を適用することができます。特殊な趣向を凝らしている場合は、専門的な職人やベテランの作業員がいなくても大丈夫です。

規格統一の強みともいえますが、一般的な技術力を持った作業員が居れば設計図通りに仕事をすればよいだけなので順当に組み上げる事ができます。その意味では、事業計画でとくに流動的になりやすい人件費の問題が少なくなるといえるでしょう。

ちなみに規格が統一されているといっても、どれも無個性で機械的な建物になってしまうという様なこともありません。規格統一の関係上、オーダーメイド設計ともいえる従来工法よりも自由度の面で後手に回ってしまう面があるのは否めませんが、クライアントの意向に合わせた内部設備の調整も細部まで可能です。

建物の外観についても、カラーリングの調整等ができるため周囲の環境とミスマッチな物ができ上がってしまい、評判が落ちてしまうという様なリスクも回避できます。

打ち合わせ必須となりますが、工場等で作業員の動線をしっかり把握した上で効率がよくなる様な設計にすることも充分可能です。機械の持ち込み等で一部分の柱に引っかかってしまい、返って効率が悪くなってしまうといったトラブルは確実に無くすことができます。

実際に依頼する場合の注意点

いろいろな施設に対応しているシステム建築ですが、当然会社によって得意な分野と不得意な分野があります。工場関係を得意とする会社やスポーツ関係に熟練している会社もあるので、依頼してから後悔しないためにも事前にきちんと確認するのがおすすめです。

また節約したいなどの要望があれば、積極的に相談するのもよい選択でしょう。たとえば、アイススケート場が代表的ですが屋上に太陽光パネルを設置しつつ、壁に断熱材を仕込むといった工夫で光熱費を大幅に減らすことが可能になります。節約できた予算を事業計画の別方面で利用するのも悪くありませんし、ライトアップや内装品をこだわるというのも1つの選択です。

他にもイベント会場として使うことが主目的なので、頻繁にレイアウトを変えたいという様な場合でも相談可能です。また木造で行くのか鉄筋コンクリート製で行くのか等で値段の違いや、耐用年数の違いが出たりするので、その辺りも検討の余地がある場合はしっかり確認するとよいでしょう。

総合的な耐久性は、一般的な建物と比較しても充分遜色がない物ができます。こういった点を勘案した上で、自社にとって最も都合がよい会社を2~3社程ピックアップした上で最終決定する様にしてください。

 

すべての部品が規格統一されているため、熟練の職人や作業人数の確保が必要ありません。それによって、システム建築は先々の事業計画が立てやすいというメリットがあります。また完成品も無個性な物ではなく、オリジナリティに溢れている物ができます。それぞれ会社の専門性をきちんと理解した上で、1番都合がよい会社に決めることが最重要です。

倉庫・工場建築業者ランキング!

商品画像12
3
4
5
商品名ガンコ建築株式会社株式会社コア矢作建設工業株式会社石井工業株式会社株式会社小竹組
特徴工場・倉庫に特化したシステム建築のエキスパート高品質・低価格な工場・倉庫を建設可能オールマイティな建築実績を持つ長い歴史を誇る地域密着業者幅広い物件ジャンルに対応
詳細リンク公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ

おすすめ関連記事

サイト内検索
倉庫・工場建築業者ランキング!
株式会社コアの画像
記事一覧