システム建築ならメーカーでなくビルダーへの依頼がおすすめ!倉庫・工場建築業者を比較ランキングで紹介しています。

新しい店舗を出すならシステム建築がいい理由とは?活用事例をご紹介

公開日:2020/05/15  最終更新日:2020/05/20

新しく店舗を出店する場合には、費用や時間が節約出来るという点でシステム建築を採用した方が多くの点でメリットがあります。店舗構築に必要な資材が最初から規格統一されている事もあり、今回はそんなシステム建築のメリットについて、活用事例を含めて紹介していきます。

システム建設の概要を教えて

建物を作る場合には、計画~施工まで多くの段取りがありますが、システム建設の場合は全工程と使用する部材がシステム化されています。それぞれの段取りに用いられる資材の色であったり、仕様等が最初から統一されていますので、適切な物を選ぶのに時間が割かれる事がありません。

その結果として高品質と工期短縮、コスト削減の問題が確実にクリア出来ます。特に工場や倉庫は納期の厳守を徹底しなければいけない事が多いですが、システム建築でしたらそういった需要もしっかり満たせます。

品質についても予め作成された施工図に基づいて、全ての工程を進めますのでベテランの建築士でなくとも、一定のクオリティに仕上がる事も大きいメリットです。

ちなみに規格が統一されているとは言っても、微調整も可能ですので状況に合わせた細やかな変更をする事も全く問題ありません。建物強度も頑丈であり、プレハブやテントよりも遥かに丈夫な物が出来ます。

また、小規模の倉庫から大規模な建物が欲しい場合等にも対応可能であり、大手ゼネコンの様に多数の人員や資金を投入出来ない様な場合でも案件の受注が可能です。昨今、建設業界は人手不足や資材の高騰等多くの問題を抱えていますが、システム建築でしたら、それらの問題の大部分をカバーする事が出来ます。

そういったポイントを勘案するのであれば、新規店舗出店時の選択肢に、システム建築の投入を考えてみるのも1つの選択肢と言えます。

具体的な工期と耐久性の詳細を教えて

通常の工法で建物を作る場合は、材料手配と工場製作と現場工事の3段階が必要になります。工事の規模にもよりますが、1つの段取りに掛かる平均時間を2ヶ月と計算した場合は完了までに約半年の時間を見ないといけません。

ですが、システム建築でしたら間の工場製作の段取りが省けます。その上、それぞれ規格化された資材を使いますので、それぞれの建築内容の違いはあれども大体3ヶ月~4ヶ月位で建物が1つ出来上がります。

耐久性についても、最初の資材規格決定の時点で高強度さと、最低限の部品での完成を追求していますので高耐久が保証されます。従来の方法論では安全性の追求等を考えていけば、やはり一定以上の時間であったり、コストが掛かる事は避けられません。ですがシステム建築でしたら最初から設定された基準がありますので、その中から制作予定の店舗に相応しい物を選択し、後は微調整を施せば良いだけです。

ちなみに、耐震性と耐火性についても、かなりのレベルを持っている事も押えておきたいポイントと言えます。最初から耐用年数もシステム化されている分だけ明確になっていますので、店舗リニューアルのタイミング等を計りやすい事もメリットです。

後は費用相場についてですが、鉄筋コンクリート造や木造なのか等で差が出ますが、坪単価を加えて計算すると平均で41万円程度と考えておけば齟齬はありません。新店舗の出店をしつつ、予算も効率良く使って、その上高性能でメンテナンスも簡単である事を追求したいという様な時には特にお勧め出来る建築工法と言えます。

システム建築の具体的活用事例を教えて

例えば工場であるならば、大規模設備を配置する広さが欲しいという様な時にはシステム建築を使うのも良いでしょう。大規模設備を設置しなければいけない様な工場で柱が多かったりすると、場合によっては機械の設置がとても難しくなってしまう事があります。

仮に設置出来たとしても、使い勝手が悪く、操作に支障が出る様な問題を考えないといけません。かといって従来の工法に基づく建築であれば、柱の数を削った場合には、耐久性と安全性の上で大きな問題が発生してしまいます。ですが、システム建築でしたら、大規模設備を前提とした規格も多数ありますので、安全性と耐久性を両立した工場建設が可能となります。

店舗のケースに関しても、衣料品店や業務用スーパー等は季節によってレイアウトを変えた方が効率も良い営業が出来る事が多いので、模様替えを前提として柱や仕切りといった障害物になりそうな物は極力無い設計の方が都合も良いです。

この場合もシステム建築が従来の方法よりも一日の長があり、他にも1階と2階でそれぞれ違う店舗として活動しているケース等でも、システム建築でしたら、それぞれの店舗事情を考慮した建物の組立が可能です。

作業工程や動線に合わせた設計が出来るか否かで、営業成績にも大きい差が出る物ですが、システム建築を活用するのでしたら、かなりの部分を最初の段階から整備出来ると言っても過言ではありません。

 

規格統一した資材を使う事で、大幅な工期短縮と費用削減が可能というメリットがある工法がシステム建築です。耐火性や耐震性にも優れており、工期も3ヶ月~4ヶ月という点は、予算を節約しつつも高い結果を狙いたい場合等には大きいメリットと言えます。レイアウトの変更等もかなり柔軟に出来ますので、新店舗出店の際には選択肢として考えてみるのも1つの選択肢です。

倉庫・工場建築業者ランキング!

商品画像12
3
4
5
商品名ガンコ建築株式会社株式会社コア矢作建設工業株式会社石井工業株式会社株式会社小竹組
特徴工場・倉庫に特化したシステム建築のエキスパート高品質・低価格な工場・倉庫を建設可能オールマイティな建築実績を持つ長い歴史を誇る地域密着業者幅広い物件ジャンルに対応
詳細リンク公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ

おすすめ関連記事

サイト内検索
倉庫・工場建築業者ランキング!
株式会社コアの画像
記事一覧