システム建築ならメーカーでなくビルダーへの依頼がおすすめ!倉庫・工場建築業者を比較ランキングで紹介しています。

システム建築で建てた倉庫のメンテナンスについて知っておこう

公開日:2020/06/15  最終更新日:2020/06/17

システム建築という工法をご存知でしょうか。システムという文字は決まりきった形を思い浮かべてしまいますが、実は倉庫など「こんな倉庫が欲しい」という所有者・利用者の要望にそった建築をすることができます。

システム建築の倉庫のメリットとデメリット

システム建築は建築期間の短期化や費用の面で低価格を実現できるメリットなどがあります。コンピューターによる可能な限り自動の設計や見積もり・生産を行うことが特徴となりますが、顧客の要望には出来る限り応えられます。東京都内で倉庫を持つ場合、システム建築ならば坪単価が1万5000円ほど安くなるのです。

また短期間の工事といっても強度や耐久性などに優れており、倉庫としてだけでなく工場や店舗・事務所などとしても使用することが出来ます。構造と建築材を徹底的に検討しているので、ほかにはない最も合理的な構造体を設計・提供されるわけです。利用者のニーズに応じた設計で、さまざまな希望を叶えられます。

システム建築においてデメリットといえるのは費用が掛かること、それに設計デザインで自由度が限られることでしょう。費用は在来建築よりは抑えることが出来ますが、それでも倉庫という大きな建物なので費用の面では纏まったお金が必要となります。そしてデザイン面では、外観にそれほどこだわりがない方に向いているといえます。

もしも細部に対して強いこだわりがあるならば、在来工法を選んだほうが無難です。それでも一定の規格はあるもののCADでのパーツ設計が出来るので、周辺の環境やニーズにそった倉庫を建築する柔軟性を持っているのも事実です。また鉄骨造りと同じ耐久性や長寿命を誇るので、選択肢としてひとつ残しておくべきでしょう。

システム建築を選ぶ理由はこれ!

システム建築を行う会社は、日本全国に沢山存在しています。またシステム建築と同じ短期間で完成でき、費用も抑えられるプレハブ建築やテント倉庫にするべきか悩まれるかもしれません。そもそもシステム建築という工法について、まだ皆さんに行き渡っていないという事実も存在しています。

基本的な知識としては倉庫の大きさや工事を行なう業者にもよりますが、工期は4ヶ月ほどと在来工法と比較すると20パーセントほど工事期間を短縮することが可能です。外観は無駄がないシンプルな見た目となりますが、重要である構造体の耐久性や高品質の機能はしっかりと備えています

耐震性や耐久性に対しても強度の高い材料が開発されているので、少ない部材であっても地震やさまざまな災害に対して十分耐えられる強さを持っているのです。部材の一部は品質が統一されているので、質の高い施工が一般的になっていることも魅力のひとつといえるでしょう。

システム建築の倉庫では使用する骨格材によって耐久年数が法律で定められ、骨格材が3mmを超え4mm以下である場合24年、4mmを超える部材の場合には31年が法定耐用年数となります。

使用方法としては倉庫意外にも大規模なレジャー施設や、間柱なしで空間利用できるので馬術競技など大型の低層施設に最適です。そうはいってもメンテナンスによって耐久性や耐震性も左右されるので、定期的な点検も重要に生ります。

システム建築の耐震性や耐久性について

システム建築の耐震性や耐久性は手がけた業者の実績や、使用する部材や仕様によっても左右されてしまいます。システム建築において中でも注目されているのはyess建築といわれる工法で、軽量・高強度といわれています。建築基準法において倉庫は床面積が200平方m以上かまたは、1500平方m以上となっています。

積載荷重や積雪・風・水圧・土などや地震やその他の衝撃に対して安全である基準とされ、必ず守らなければならない法律です。その安全性を保つためにも、メンテナンスは必要不可欠とされ、またそのメンテナンスの内容をきちんと把握している技術者が行うことが大切です。

システム建築による倉庫のメンテナンスには駆動装置関係や制御機器関係、ラダー・外装関係、配線・ケーブル付帯設など多岐にわたっています。駆動装置関係ではサドル内の点検や車輪・ギアに潤滑油を塗布するほか検知器の位置調整、制御機器関係では絶縁抵抗測定や風速計の動作試験、それに風速計ポストおよび機器の点検が行われます。

ラダー・外装関係のメンテナンスでは屋根ガラスおよびシールの点検やエアタイトゴムの劣化および脱落しないか点検するなど、豊富な経験を必要とする技術を持っていなくては出来ません。倉庫とはいっても人が使用するための設備なので、事故がおこならにように定期的なメンテナンスは怠らないことが重要でしょう。

 

システム建築は間柱のない広い空間を実現しながら、非常に強い耐久性や耐震性を持っています。建築工事期間も短縮可能な上、費用も在来工法よりは抑えることが出来る工法です。外観などデザイン性では多様性がありませんが、機能の面ではとても優れた倉庫といえるでしょう。

倉庫・工場建築業者ランキング!

商品画像12
3
4
5
商品名ガンコ建築株式会社株式会社コア矢作建設工業株式会社石井工業株式会社株式会社小竹組
特徴工場・倉庫に特化したシステム建築のエキスパート高品質・低価格な工場・倉庫を建設可能オールマイティな建築実績を持つ長い歴史を誇る地域密着業者幅広い物件ジャンルに対応
詳細リンク公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ

おすすめ関連記事

サイト内検索
倉庫・工場建築業者ランキング!
株式会社コアの画像
記事一覧