システム建築ならメーカーでなくビルダーへの依頼がおすすめ!倉庫・工場建築業者を比較ランキングで紹介しています。

システム建築で建てる工場の寿命はどのくらい?

工場を建てるにはさまざまな方法がありますが、その方法の一つにシステム建築という方法があります。これらはオーダーメイドで作る工場とは異なり、全ての工程がシステム化されており低価格で立てることができるものです。ニーズに応じた設計が可能となっているためメリットがたくさんあります。

システム建築とは何か?そのメリット

システム建築は、計画施行までの全ての工程に使用する資材などを全てシステム化して運用し、建物を建てるという方式です。

特徴としては、資材が全てシステム化され管理されておりそれらを組み合わせていくことで建物を作ると言う物になります。似たようなものとしてはプレハブがありますが、プレハブの場合には商品ごとに規格が決まっているもので、自由に間取りを作ることはできません。

しかしシステム建築では、組み合わせることでそのニーズに合わせた工場を作ることができます。システム建築では、全てが規格化されているものでそれらを組み合わせ作り上げていくことにより、工期を短縮することが可能です。

また資材は工場で一貫生産されたものを組み合わせていくので、高品質なものを作ることができます。工期短縮と調達すべき資材が規格化されていますからコストの削減にもつながるものです。

特にメリットとしては、あらかじめ作成された施工図を元にして建物を作り上げていくため、作業員に求められるスキルもそれほど高くなく一定の品質で作り上げることができることが挙げられます。

短期間の後期で作ることができるものですから、通常の建物を作る工法と比べて所要時間も半年以内に完成できるもので、その点で工場や倉庫などを早急に必要とする場合のニーズにも応えることはできる方法です。また規格化されたものですから、独自に建てる建物とは異なり、メンテナンスがしやすいのも強みになります。

工場を作るときの選択肢はどのようなものがあるのか

工場を作るときの選択肢としては通常の建物を作るほか、プレハブ建築やテント倉庫などがあります。昔ながらの方法では通常の建物を作るといった方法が用いられますが、これらの方法は建物を作ることですので建設に時間がかかりますし、コストも高いものです。

このため現在使われている工法としては、プレハブ建築やテント倉庫などが主流となっています。プレハブ建築の場合には、あらかじめ決められたパーツを利用して作るため低コストで作ることができ耐久性にも優れます。

しかし、デザインの自由度が低いといったデメリットがあるほか、その構造上、柱が邪魔になることもありますし、防火対策が必要になるケースもあるものです。大規模な工場になるとやや不利になってきます。

テント倉庫の場合には、外壁をシートとすることによって軽量化することができ、費用も安くて済みますが、シートである以上は耐久性に劣るところがあり、また倉庫として使うにしてもその製品によっては不向きなケースもあるものです。

システム建築の場合には、従来の工法とプレハブ建築の中間に位置するもので、それらの方法よりもコストがかかるデメリットがあるものの耐久性に優れ、間取りの自由度といった面でも有利に高品質な建物を作れるという強みがあるものです。

コストはかかりますが、従来の方法で建物を作るものと比べれば低コストですし、規格化されたパーツを組み合わせていくので高品質なものを作ることができます。

工場を建てる時の様々な工法による寿命の比較

工場に限らず建物には寿命というものがあり、その寿命を延ばすためには定期的なメンテナンスが欠かせません。工場を建てるときには、建設コストだけでなく耐久性による寿命や修繕により、寿命を延長できるかどうかを知らなくてはなりません。

システム建築の場合には、従来工法と同じく30年以上の寿命が設定されるものです。これらは建物によって若干変わってきますが、資材が全て規格化されたものを使用しているので、それぞれの耐久寿命に合わせてメンテナンスを行っていけば、より長く使用することが出来ます。

それと従来工法と同じく使用する素材によっても耐久性は変化してくるものです。例えば雪国の場合には耐雪性のものを選ぶ必要がありますし、沿岸部など風の強い地域では風に強いもの、海沿いであれば塩害に対応したものを選べば、より長く使用することができます。

一方で、最も安価に建てる場合にはプレハブ工法やテント倉庫といったものが使われますが、プレハブ工法の場合には寿命は20年以上となっており、テント倉庫の場合にはシートの寿命は約10年とされているものです。

条件によって変わってきますが、システム建築の方が耐久性には優れており、より長く工場として稼働させることが可能です。もちろん、工場を作る目的によって変わってくるものですが、より本格的なものを建てるのであればシステム建築が優れています。

 

工場を建てるには様々な選択肢があり、それぞれのニーズに合わせて選ぶ必要があります。その中でもより長く運用したい場合には、従来工法やシステム建築といったものが最適です。特にシステム建築は低コストで高品質・高耐久の建物を作ることができます

おすすめ関連記事

サイト内検索
倉庫・工場建築業者ランキング!
株式会社コアの画像