システム建築ならメーカーでなくビルダーへの依頼がおすすめ!倉庫・工場建築業者を比較ランキングで紹介しています。

広い!大規模空間の倉庫がシステム建築ならローコストで建設できる理由とは?

公開日:2020/10/15  最終更新日:2020/09/24

大規模な倉庫等を作りたいが、同時にローコストで事を進めたい場合にはシステム建築を使うという選択肢が出て来ます。そこで今回、システム建築と従来型の建築法との違いや、ローコストでの建築が可能な理由についてポイントを3つ程述べていきます。

いろいろなアレンジがあるお店の個性溢れる倉庫の建築も可能なので興味がある場合には、それぞれの項目を確認する事をおすすめします。

システム建築と従来建築ってどう違うの?

一般的に建物を1つ作る場合には「資材の調達」と「工場の作製」を経た上で、最後に「現場工事」へと入ります。勿論、建築予定の建物が大規模か否かにもよりますが、この段取りの1工程は最低でも2ヶ月は必要と考えて下さい。

さらにデザインに独自性を持たせる場合や安全性を徹底的に追及するなどのこだわりがある場合には、最終的には半年から1年以上は時間が必要になります。設計や建築に関わるスタッフについても、特殊な設備だった場合には相応の技術力を持った人材を探さなければいけませんのでコストも必然的に上がって来ます。

しかし、システム建築は最初から規格が統一されていますので、工期を大幅に短縮できるというメリットがあります。通常の建物作成の上で時間を要する「工場の作製」の段取りを省略できますので、3ヶ月~4ヶ月で建物を仕上げる事も不可能ではありません。

技術者についても、誰でも指示どおりにやればできる簡単な仕様になっていますので、熟練工が用意できなかったとしても一定以上のクオリティの建物が完成するという点も見逃せないポイントです。ゼネコン大手のように大量の人員や資材を、1度に投入できない中小企業であったとしても、大規模な案件が受注可能になる点で現在システム建築は多くの注目を集めています。

従来型に掛かるはずだった予算が大幅に減りますので、サービス面や他の部分をカバーする方に注力する事も可能となります。こういった事情を考慮するならば、大規模倉庫を建築する計画がある時にはシステム建築での実施を考えるのも1つの選択肢です。

さらに詳しいシステム建築のポイント

「規格統一された部品を使うのならば、でき合いの物しかできず個性が消えるのでは無いか」という声が出る事もありますが、システム建築ならばその問題もクリアできます。部品の規格が統一されていても、それは内部事情の融通ができないというわけではなく、クライアントの要望によってレイアウトは自由に変更可能です。

カラーリングの方もお店の独自色を出す事もできますし、倉庫内でクレーンや専門機械を使いたいというケースでも、柱が邪魔にならない様な配置等さまざまな工夫が可能になります。メンテナンスの方も部品自体に耐震性や耐火性能が付いている事もありますが、規格が統一されているぶん不具合部分の特定時間がとても短くて済みます。

耐用年数も明確ですので、建て替えのタイミングも最初から折込済みで事業計画を進める事が可能となります。場合によっては1階を倉庫に設定しつつ、2階は実店舗にして他の階にも性質が違う店舗を入れるといった工夫もできますし、外観をライトアップしたり目立たせたりするための独自仕様にする様な要望にも対応できます。

スタッフの作業動線を理解した上で、最適な設計を考える等も十分対応範疇ですので、作業効率も大幅に向上します。他にも周辺環境を考慮した上で、外観のカラーリングの調整もできますので周辺環境とミスマッチになってしまい苦情が出るといった心配もありません。ローコストで、これだけのメリットを追求できるのは、見逃せないポイントといえます。

システム建築依頼時の注意事項

多くのメリットが見込めるシステム建築ですが、会社によって得意分野が違う事はハッキリ意識しておいた方がよい部分です。今回は大規模倉庫ですが、会社によっては倉庫を専門とする所もあれば学校福祉施設を得意とする所もあります。他にもレジャー施設に注力している様な所もあります。

システム建築は、理屈上「誰がやったとしても、一定のクオリティが保証される」のは間違いありません。ただし、業界事情を担当する会社が理解しているか否かで仕上がりに差が出て来るのも間違いない事実です。

倉庫でいうならば、内部に専門機械を持ち込む場合のスペースの確保等も考えないといけませんし、クレーン等を使うとしたらその軌道が他の作業に支障が出ない様にする必要があります。勿論、クライアント側が説明する事で対処できる部分も多いですが、担当会社がそれを理解しているか否かが後で大きく響いてくる事は十分考えられます。

「知っていて当然と思い、説明をしていなかったが業界関係者以外の会社は全く問題を認識していなかった」という様な事で、死角になってしまった部分から大きいトラブルに繋がったケースは少なくありません。そういった点を考慮するのであれば、「システム建築で大規模倉庫を作る目的」をできるだけ具体的に明確化しておく事をおすすめします。

会社選びの時点で最適な物を選ぶは勿論、何かの要望があった場合には、できるだけ相手側に詳細に伝わるように打ち合わせをして下さい。

 

通常の工法にかかる3つの段取りの内の、工場の作製の所がシステム建築ならば省略できます。その上すべての部品の規格が統一されていますので、実際は半年から1年以上かかる建築期間が3ヶ月~4ヶ月程度で収められ、そのぶんローコストとなります。かなりの融通がきく上、メンテナンス等も簡単ですが会社によって得意分野が分かれていますので、依頼の時には倉庫を建てたいならば必ず倉庫を専門とする会社を探す事が重要です。

倉庫・工場建築業者ランキング!

商品画像12
3
4
5
商品名ガンコ建築株式会社株式会社コア矢作建設工業株式会社石井工業株式会社株式会社小竹組
特徴工場・倉庫に特化したシステム建築のエキスパート高品質・低価格な工場・倉庫を建設可能オールマイティな建築実績を持つ長い歴史を誇る地域密着業者幅広い物件ジャンルに対応
詳細リンク公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ

おすすめ関連記事

サイト内検索
倉庫・工場建築業者ランキング!
株式会社コアの画像
記事一覧