システム建築ならメーカーでなくビルダーへの依頼がおすすめ!倉庫・工場建築業者を比較ランキングで紹介しています。

倉庫建設工事前に忘れてはいけない工事設置認可申請とは?申請の流れ・必要書類をご紹介

倉庫や工場を建てる場合には、着工予定日の2か月前に、工事設置認可申請手続きを終わらせておく必要があります。工事設置認可申請をするには、工事における細かい事項や書類の提出が必要で、専門の知識や膨大な作成時間が必要になります。

工事設置認可申請とはどんなものか

事業活動などの目的で倉庫や工場の建設をする場合は、工事に伴う近隣住民への公害などの被害を防ぐために、工事設置認可申請が義務化されています。規制の基準や内容、注意事項や申請方法、申請先や認可が下りるまでの日数は、地域によって違うので工場や倉庫建設前に確認しておくことが必要です。

記載する内容は、まず基本事項として本社所在地と法人名、申請する者の役職と氏名及び連絡先、代表者の捺印などです。

次に建設予定の倉庫や工場の概要として、建物の名称と所在地、資本金などが必要です。また建物の詳細として、敷地面積や建物に出入りするトラックや自動車のための入り口が接している道幅、建物近隣にある学校や病院などの所在地などの記載もあります。

その他、着工予定日に加え完成予定日や電力合計なども必要です。倉庫でなく工場の場合は、燃料油使用量や排水量、取り扱う有害物質の概要も必要になります。また、全ての工事に工事設置認可申請が必要になるのではないことを念頭に置いておくことも大切です。

工事設置認可申請が必要になる基準は、1件当たりの請負契約が1,500万円以上で工事延床面積が150平方メートル以上の場合などの規定があるので、事前に各地町村の環境課公害対策係に問い合わせることが必要になります。

工事設置認可申請の基準外であっても浄化槽の設置工事やその他解体工事、電気工事などの場合はそれぞれ行政庁へ登録する必要があります。 これらの複雑な基準や規定もシステム建築のビルダーに依頼すれば、事前に調べる労力を省くことができます。

気になる工事設置認可申請の流れとは

倉庫や工場などを建設する場合には、着工日の60日前までに工事設置認可申請書を提出しておく必要があります。手続きが完了し認可されるまでは、基礎工事や建築工事が始められないことや、申請書類の不備があれば訂正することを考慮して余裕を持って行うことが大切です。

手続きの流れは、まず設置計画を立てていきますが、必要に応じて事前に相談をすることも可能です。申請するには、決められた申請用紙に内容を記入し、建物の詳細や図面などを添えて提出します。提出された書類は審査を受けて手数料を納入し、受理されます。

認可申請書を提出し、認可が下りると認可書が交付されます。この時、認可書は再交付できないので注意が必要です。認可書の交付を受けると工事を始めることができますが、認可書の内容を確認しながら工事を進めていく必要があります。工事が完成したら、完成後15日以内に工事完成届を提出する必要があります。工事完成届の書類は認可書の交付時に一緒に渡されます。

その後、完成検査があり、認可内容や各種法令に適合していれば認定を受けることができ、工事完成届が受理されて10日後に認定書の交付となります。認定書が交付され表示板を倉庫や工場入り口の見やすい場所に掲出をした後、事業活動を開始できます。

申請には手数料がかかり、倉庫建設作業場の合計床面積の大きさによって料金が違ってきます。市町村によって少し違ってきますが、500平方メートル以下で9,000円以下、500平方メートル以上1,000平方メートル以下で14,000円前後、1,000平方メートル以上で20,000円前後です。

工事設置認可申請の必要書類とは

建設工事前の工事設置認可申請に必要となる書類の内容は、図面と詳細事項の2種類あります。図面は、案内図と平面や断面図を含めた構造図、敷地内の建物配置や給排水系統図などになります。詳細事項は、棟別用途や構造や面積などを記載した用紙、工場の機械や設備を記載した用紙、騒音や振動発生施設などの構造が書かれた用紙などになります。

その他の必要書類として、ばい煙や粉じん、有毒ガスや悪臭が発生する施設の構造と使用方法に加えその処理方法の記入が必要な場合もあります。また、粉じんが発生する施設の構造と使用や管理方法、汚水が発生する施設の場合はその構造と処理法、地下水を揚水する場合はその施設の構造、工場周辺の学校や病院を含めた地図なども必要になることもあります。

注意点として建設する建物によっては、必要ない項目もあるので、書類に取り掛かる前に事前に係員の説明を受けたり指示に従ってから作成すると、効率よく無駄な作業を省くことができます。

またこれらの複雑な書類の記載方法は、各市町村の環境課に見本がある場合もあるので、それにそって進めていくとスムーズに作成が進められます。 工事設置認可申請に必要な書類は各市町村の環境課にあり、書類の提出の際には手数料が発生するので注意が必要です。また、認可申請に必要な書類は、全ての書面を2部ずつ作成する必要があります。

 

工事設置認可申請をするには、規定の書類を揃えるだけでなく、認定後も様々な規約がありそれに沿って工事を進めていく必要があります。システム建築のサービスを利用することで、そのための時間や労力を省くことができます。書類作成や工事、施工をスムーズに進める目的で、システム建築のサービスを利用することも一つの手です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
倉庫・工場建築業者ランキング!
株式会社コアの画像
記事一覧