システム建築ならメーカーでなくビルダーへの依頼がおすすめ!倉庫・工場建築業者を比較ランキングで紹介しています。

倉庫の建築前に確認しておきたい保証内容や期間とは?

新しく倉庫を建築する予定なら、依頼先は厳選しましょう。やはり、費用を抑えたいのはどの会社も共通している思いのはずですが、肝心なクオリティに問題があったら後々トラブルが続出することになります。建築の請負先も色々ありますが、今は保証内容などの条件から、ビルダーに頼んだ方がメリットは多いです。

最新の倉庫建築工法、システム建築のメリット

倉庫の建築方法は3つに大別されます。テントの骨組みに沿ってシートを張るテント工法、建築現場までパーツを運び、現地で組み立てるプレハブ倉庫、そして最新のシステム建築の3種類です。

工法によってメリット、デメリットは異なりますが、最近はプレハブ工法を下敷きにして設計や生産プロセスをシステム化しているシステム建築の人気が高まっています。システム建築は、とにかく計画の段階から施工に至るまで、建築作業のすべての工法と使う部材をシステム化していることが最大の特徴です。

つまり、仕様は全部規定化されているので、今まで1つ1つのプロセスに費やしていた手間暇を大幅にカットすることができます。費用も抑えることができるので、工期を短縮しコストも削減できる理想的な工法になっています。

依頼主の意向を細かい部分まで反映させたい注文住宅のような建築では、熟練した建築士や大工さんに頼んだ方が満足度も高いかも知れません。細かい打ち合わせが苦にならない方もいらっしゃいます。システム建築は、倉庫のようにある程度型が決まっている建築の場合に向いている工法です。

既に完成されている施工図に沿って作業を進めるだけで良いので、経験がそこまでない建築士でもクオリティの高い完成度に仕上げることができます。高品質のものをはやく安く頼みたい時はシステム建築のシステムが便利です。

システム建築は保証期間も比較的長い

倉庫を建築する時システム建築を選ぶメリットは、大体30年ぐらい寿命があるので、保証期間が比較的長いことも挙げられます。もちろん、具体的な保証期間は会社によって異なりますが、そもそも耐久期間が短いテント倉庫だと保証される期間もどうしても短くなります。

テント倉庫はランニングコストが安く、設計の自由度が高いところが利点になりますが、その代わりに問題になるのが劣化しやすいシートの性質です。シートは風や紫外線などに弱く、いくら強度のある素材のシートを使っても10年ぐらいで寿命が尽きてしまいます。寿命を迎えたシートは新しいものに交換しなければならないので、その都度交換のための作業が必要になり、お金もかかります。

プレハブ工法も寿命は長い工法ですが、防火対策が厳しくなることがネックです。敷地境界線の3mから6m以内に違う建物が建っている場合、防火対策を行うルールになっています。そのため、余計な費用がかかってしまいます。

また、プレハブ工法は柱が邪魔になることがあるので、倉庫の使い道次第では不都合になることもあります。デザインや設計には制限があるので、コストを抑え短い工期で仕上げたい時はメリットがある工法ですが、総合的に検討してみるとシステム建築の方に魅力を感じる会社は多いようです。特に耐久性の良さはかなり注目に値するメリットなので、倉庫を建築する工法を決める時は参考にしましょう。

ビルダーを選ぶ時のチェックポイント

システム建築で倉庫を建築する時の成功ポイントは、ビルダーの選び方を間違えないことです。最初の見積もりの時点でも、安さだけを強調するところは警戒した方が良いかも知れません。

そもそもとにかく費用を抑えたいなら、テント工法など他に安い工法はあります。システム建築を選ぶメリットは費用以外にもたくさんあるので、保証内容はもちろん、用途や要望をしっかりヒアリングして条件に合う設備などを揃えられる会社でないと問題です。空調なども含め、事前に必要な設備をピックアップしましょう。

特に敷地が狭くなる場合、動線まで考えてくれてアイディアをどんどん出してくれるようなビルダーは頼りがいがあります。やはり、システム建築の実績が十分にあると保証内容も充実していますし、細かい条件を出しても色々工夫してプランを練ってくれますので、施工実績はしっかりチェックしましょう。

こういった必要な条件をクリアした上で費用の問題が出てきます。最初から最安値ばかり追求してしまうと設備面や使い勝手の良さを妥協しなければならなくなるので、クオリティとコストのバランス感覚が良いビルダーを見極めて下さい。

完成後の使いやすさを重視して話を進めてくれる担当者なら安心です。 特に倉庫を稼働してからの動線は重要なポイントです。デッドスペースや無駄な動線がない倉庫なら、業務の生産性もアップします。

完成形をイメージせず、ただ初期費用を抑えることに夢中になってしまうと、置きたいところに必要な設備を設置することができず、何かと不便を感じて従業員からの不満が噴出することにもなりかねません。実際に働く人間が働きやすいと感じる環境を整えることが大切です。

 

倉庫建築の工法はテント工法やプレハブ工法よりもシステム建築がおすすめです。ビルダーを選ぶ時は最安値にこだわらず、動線を工夫するなど完成してから使い勝手の良い倉庫になるようなプランを提案してくれるところを見極めましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
倉庫・工場建築業者ランキング!
株式会社コアの画像
記事一覧