システム建築ならメーカーでなくビルダーへの依頼がおすすめ!倉庫・工場建築業者を比較ランキングで紹介しています。

工場建設時の基礎工事の種類や特徴を分かりやすく解説

公開日:2020/06/01  最終更新日:2020/06/04

建物を建築するときに基礎工事はとても大切な工程で、家はもちろん工場や施設などあらゆる建物で基礎工事は重要になります。基礎工事が正しく行われているかどうかで建物の耐久性が変わってくるので、特に建築関係を目指している人は基礎工事の知識をきちんと身に付けておかなければなりません。

工場建築の基礎工事の種類と知識

基礎工事は主に杭基礎と呼ばれる杭を地面に打ち込むものと、杭などの道具は使わず地盤に直接基礎を作る直接基礎の2つがあります。

杭基礎は軟弱な地盤の土地に建物を建てるときに用いる方法で、杭を地面に打って建物の荷重が地面にかかり建物全体が不安定になることを防ぎます。さらに杭基礎は前もって工場で作っておいた杭を使用する既成杭工法と、現場で掘った穴に鉄筋を入れて杭を作る場所打ち杭という方法があります。

杭を使わない直接基礎は、主に地盤が安定していて良好な状態の土地に用いられ、建築する建物が低層の場合に行われる方法です。直接基礎は建物の底面全体に基礎スラブを構築するベタ基礎、鉄筋コンクリートが連続している布基礎、基礎が独立した形の独立基礎の3種類があります。

その他にも高いビルや地盤がとても弱い場合には特殊基礎という特殊な基礎が必要な時に使われる方法もあります。土地の状態に応じて、鉄管矢板井筒基礎や脚つきケーソン基礎などが採用されます。

ケーソン基礎とは水中の構造物や防波堤などに採用される工法で、コンクリートや鋼でできている大型の箱を使います。基礎工事を行う場合には地盤調査がとても重要で、敷地の履歴や地形をはじめ周辺の敷地状況や土質などを調査します。

また地下水位の推定や地中障害物があるかどうかの調査も行われ、特に最近の日本では地震対策をすることが増えてきています。

注目を集めているシステム建築とは

基礎工事は高度な技術が必要で、地盤調査も必要になるのでたくさんの人材と時間が必要で、現在人手不足の日本では基礎工事の工期は長引き、コストもかかってしまうのが現状です。

そこで今、多く活用されているのがシステム建築で、計画の段階から施工までの全ての工程をシステム化した建築方法です。工法が規格化されているため、今までの工法よりも安くて早く建築を行うことができます。主に納期やコスト削減が重視されている、工場や倉庫などの建築にニーズが高まっています。

システム建築は、カタログやモデルハウスがあり完成がイメージしやすく、見積もりも即座に見ることができスピーディーなのが特徴です。メーカーによってはホームページですぐに見積もりが出せるところもあります。長年のデータがあり、それを元に統計を行うので経済的です。

部材や部品は工場で集中的に生産されているので、低コストで品質の良いものが構築可能です。現場施工の省力化と小職種化が特徴なので労働者不足にも対応しています。また、数多くあるパーツを組み合わせるので、工場や倉庫、学校や医療機関、商業施設やスポーツ施設などあらゆる施設に対応できとても魅力的です。

建築基準法も守って建築されるので、低コストで短工期でも震度7の地震に耐えられるだけの強度があり安心です。さらに各メーカーで部材強度の向上が日々行われ、耐久性を向上させる工夫がされています。

システム建築を行う場合のメーカーの選び方

システム建築で工場を建てる場合に必要なのは、建築する建物の用途をはっきりさせることです。最初に完成をイメージしてその建築が得意なメーカーを選ぶことで、実際に使用する時に効率的な動線の確保ができスムーズに作業を行うことができます。

近年注目を集めているシステム建築は、ニーズが高まっていることもあり様々なシステム建築のメーカーがあります。各メーカーで異なる特性があるので、特徴などを比較してみることが大切です。

物をたくさん置きたい工場の場合は、柱の少ない大空間を作ることが得意なメーカーを、人が作業をするなら自由度が高く、動線や設備に合わせた統計が得意なところを選びましょう。作業工程ごとに空間を分けられることもでき作業効率も上がります。

学校や福祉施設など多層階が得意なメーカーもあり、企画商品が主体でも自由統計にも対応しています。作業する工場のフロアと事務的な作業を行うオフィスのフロアがある、高層階の建物を考えている場合に向いているかもしれません。

工場を建てた後に実際に稼働していくにあたって、事業を成功させるにはランニングコストを低く抑えることも重要です。建築費の削減だけではなく、光熱費がどれだけかかるかを考え、メンテナンスの費用を抑えるための工夫も前もって考えておきましょう。

例を挙げると、ソーラーパネルを設置することで初期費用はかかりますが、自社発電で電気代が賄えます。屋上に緑を敷くことで紫外線をカットでき酸性雨から守られ、メンテナンス費用をカットすることができます。

 

長期的な運用を目指している工場を建築するなら、システム建築が向いており、どの工法でも20年以上の耐久性があるとされています。デザインの幅が少ないというデメリットはありますが、機能性を重視して建てれば問題なく運用して行くことができるでしょう。

倉庫・工場建築業者ランキング!

商品画像12
3
4
5
商品名ガンコ建築株式会社株式会社コア矢作建設工業株式会社石井工業株式会社株式会社小竹組
特徴工場・倉庫に特化したシステム建築のエキスパート高品質・低価格な工場・倉庫を建設可能オールマイティな建築実績を持つ長い歴史を誇る地域密着業者幅広い物件ジャンルに対応
詳細リンク公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ

おすすめ関連記事

サイト内検索
倉庫・工場建築業者ランキング!
株式会社コアの画像
記事一覧