システム建築ならメーカーでなくビルダーへの依頼がおすすめ!倉庫・工場建築業者を比較ランキングで紹介しています。

システム建築で倉庫が完成するまでの流れとは?

システム建築は倉庫建築工法の一つで、建物の部材を標準化できるのが特徴です。それにより建築品質が安定し、コスト軽減や工期短縮を図ることが可能になります。現在は、コンピューターを使った自動設計システムも登場しています。ここではシステム構築で倉庫が完成する流れを説明していきます。

間柱を省略した大空間の実現が可能

システム建築では、倉庫建設で想定される事項や仕様が標準化されています。それによって短工期・低価格を実現しながら、高品質の建物に仕上げることが可能です。

在来工法は細部にこだわる分、坪単価が高めになります。それに対してシステム建築は、細部にこだわらない施主に適した工法です。加えてCADを使ったパーツ設計が可能なので、周辺環境やニーズに適った倉庫を建てられます。何より同工法の建物は耐久性が高いのが特徴で、鉄骨造に匹敵する長寿命となっています。

その背景には、建材と構造に関して徹底的な検証がなされてきた経緯があります。そこから最適な構造体が生み出されるわけです。同工法による建築工期は、通常は4か月程度となっています。従来工法と比べれば2割ほど工期が短縮されます。シンプルで無駄のない設計とシステム化された施工方法により、大幅な工期短縮が実現されているわけです。

さらに耐久性や耐震性に関しても、全く問題がありません。システム建築では高強度の材料が使われており、最少の部材で十分な耐久性を実現しています。何より部材の品質が安定しているので、高い施工品質が標準化されています。

それゆえ同工法は大規模倉庫をはじめ、大型レジャー施設などの建築に適していると言えます。建物の間柱を必要としないので、大空間を実現できるわけです。実際、多くの大規模施設が同工法により建てられています。

用途に応じて臨機応変に増設が可能

システム建築では、軒高の倉庫建築にも適しています。軒高倉庫では、大型商品や大量の商品を管理することが可能です。当建築工法は設計と施工期間の短縮が可能になるので、事業のスケジュールを立てられやすいメリットもあります。

また増築がしやすいのも魅力で、倉庫の増設や事務所の併設などに対応可能です。当建築システムでは構造物のパーツとなる鉄骨材や屋根材、外壁材などの寸法が規格化されています。それにより幅広い設計内容に柔軟に対応することができます。2階建てなどの低層建築にも対応可能で、幅広い倉庫ニーズに応じることができます。

さらにシステム建築は、太陽光発電や屋上緑化などの特殊な施工にも適応可能です。但し設置設備によって重量が異なるので、設計段階で設置荷重を見込む必要があります。それは増設や併設の場合も同じで、2階部分を増設するには1階部分での耐久性計算が重要になります。すなわち同建築工法では、設計段階での計画が何より重要になるわけです。

物流倉庫というものは、間柱の無い大空間が必要になるものです。それに対してシステム建築であれば、100メートル以上の大スパン建築が可能です。空間レイアウトが効率的にデザインされており、作業性の向上が図られます。

食品倉庫の場合は、商品の管理や事務作業のスペースも必要になるのが一般的です。システム建築では、そうした用途に応じて臨機応変に増設設計が行えます。

システム建築で倉庫が完成するまでの流れ

システム建築で倉庫が完成するには、およそ4か月間の工期で済みます。同システムはプレハブ等と比べ長めですが、耐久性が高く長持ちするというメリットがあります。同システムによって倉庫が完成するまでの流れとして、最初に行われるのがヒアリングです。建設予定地や倉庫の用途、規模や設備に関して担当者と打ち合わせをします。

その際には、予算や竣工日についても話し合われます。その後に現地確認がなされ、搬入路やインフラなどの確認を行います。それらは建築計画に反映されるので、諸官庁の規定なども同時に確認する必要があります。

これらの確認がなされてから、情報を基にした見積が提出されます。見積内容や計画内容に問題がなければ、工事契約の締結となります。設計に関してはシステム化されており、短期間に運ぶのが一般的です。

設計が完了すれば、建築確認の各種申請手続きに入ることができます。建築部材の製造に関しては、専用工場で自動生産されます。建築部材が揃えば施工が開始され、作業スケジュールの下適切に進められます。完成までの工期は約4か月間ですが、各工程によっては全体の工期に差が出てきます。

総じてシステム建築は、長期的に固定した土地で事業を行うのに向いています。何より専用工場で部材を一貫生産するので、バランスの取れた高品質な施工が可能になるのがメリットです。

 

システム建築は従来工法と比べ、工期や建築コストを削減できるのが魅力です。当システムによる倉庫は耐久性や耐震性にも優れており、長期にわたる使用にも適しています。何より最小限の部材で大空間を実現できるので、事業の効率化を図れます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
倉庫・工場建築業者ランキング!
株式会社コアの画像