システム建築ならメーカーでなくビルダーへの依頼がおすすめ!倉庫・工場建築業者を比較ランキングで紹介しています。

教育施設にも活用!システム建築の施行事例をご紹介

公開日:2020/05/15  最終更新日:2020/05/20

労働力不足が深刻と言われて久しいですが、特に建築業界は深刻です。そんな中、アメリカ発祥のシステム建築は低コストで短期間での施工が可能、そして耐久年数も在来工法と同じくらい長いということで近年注目されてきています。倉庫や工場の建築に多く用いられている方法ですが、商用施設や教育施設、集合住宅でも適用されてきています。

身近なところにあるシステム建築の建物

システム建築とは計画から施工までのすべての工程と使用する部材をすべて標準化した工法です。標準化するということはあらかじめ決められた施工図があり、建物によって品質などにばらつきがないようにすることです。身近なものでいえば倉庫や工場、体育館や学校等の教育施設、スーパーマーケットなどの商業施設に用いられています。

このようなシステム建築はアメリカで既に30年以上の歴史がありました。昨今の労働力不足と急速施工の拡大によってシステム建築の期待は高まり、日本でも積極的に導入されています。

なぜならシステム設計のメリットは設計、生産ラインが規格化されているので、低コストで工事期間もこれまでの部材等をすべて最初から調達する在来工法と比べ、非常に短期間で済むという点です。

低コストで短期間だからといって安普請ではなく、建物の耐久年数も30年で在来工法と同じくらいあります。 決められた施工図に沿って建築をするので、どの建物においても一定の品質を保証できるのが特徴です。導入当初、既製品を選んで建築するという手法がとられていましたが、同じ施工図でも場所によってはそれが適応できない場合もあります。

そのため設計方法を標準化し、コンピュータを用いたシステムで工事に合わせた設計をするようになってきました。コンピュータを用いることで見積もりや設計、工事に必要な材料や部材表の作成が簡単に行えるようになりました。

建物によって求められる機能は違う

工場、倉庫、学校とあらゆる建物に適用されているシステム建築ですが、工場も倉庫も学校もすべて同じなのかというと、そうではありません。 それぞれの建物によって求められる機能は異なります。

工場ならば効率よく作業できるための動線が必要ですし、倉庫にはたくさんのものが置けるようになるべく柱を少なくした機能が必要です。工場や倉庫は、作業する場所であることから、効率的に動けるようにする必要がありますが、学校というと効率化とは少し遠いところにあるかもしれません。

しかし、学校を始めとする教育施設のような人を多く預かる施設では、1か所に多くの人が入る場所、人数を把握しやすい場所の確保が重要となります。また、それでいて教育施設には高い安全性が求められています。現に多くの学校は避難所に指定されています。

先にも書きましたが昨今の労働力不足は建築業界においては顕著です。少ない人手でコストや時間も割けない中で、高い安全性の建物を求められるとなると、教育施設においてもシステム建築は導入されるのです。工程が規格化されているので、大手ゼネコンだけでなく中小のゼネコンも参入しやすくなってきています。

そのため業者の比較検討がしやすいですし、建設業者によって得意とする建物は違います。倉庫や工場を多く手掛けているところもあれば、教育施設をメインにしているところもあります。建物に求める性能によって、依頼する企業も変わってきます。

誤解されやすいシステム建築の印象

建築には、それぞれ建物にどのような機能を求めるかによって建て方も異なります。確かに在来工法は時間もコストもかかりますが、柱を多くして耐久性を上げたい場合やデザイン性のあるものがいい場合は在来工法のほうが適していることもあります。

寿命が長く低コスト短期間施工が特徴のシステム建築ですが、在来工法に比べデザインに面白みがない、自由が利かない、高級感に乏しいという印象があります。実際に倉庫や工場、学校の機能は違うものの、見た目は四角い建物がほとんどです。それを見てシステム建築の工程を導入している建築はデザイン性がなく、画一的という印象を持たれやすいのかもしれません。

しかし、標準化をされているのはあくまでデザインではなく設計手法です。建物の構成要素である鉄骨、屋根、外壁などの寸法、配置がシステム化されているのであって、設計に柔軟に対応できるようになっています。

そのため、あとから必要に応じて増設や併設も可能です。同じ見た目の建物だからシステム建築というわけではありません。工程が同じであっても、用いる素材によっては高級感を出すことも可能なのです。

また、先にも書きましたが、作業工程が標準化されているものであっても、現場によってはそれが適用されない場合もあります。現場の状況を見ながら設計をすることもあります。 そして建物を新築する場合だけでなく、老朽化した建物の一部を修復する際にもシステム建築が適用されています。

 

私たちの身近なところにシステム建築で作られた建物は多くあります。システム建築の建物はデザインに柔軟さはなくとも画一的なものであるという印象を持たれがちですが、あくまで工程が「標準化」されているにすぎません。労働力不足という社会背景も後押しして、システム建築は今後も注目されるでしょう。

倉庫・工場建築業者ランキング!

商品画像12
3
4
5
商品名ガンコ建築株式会社株式会社コア矢作建設工業株式会社石井工業株式会社株式会社小竹組
特徴工場・倉庫に特化したシステム建築のエキスパート高品質・低価格な工場・倉庫を建設可能オールマイティな建築実績を持つ長い歴史を誇る地域密着業者幅広い物件ジャンルに対応
詳細リンク公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ

おすすめ関連記事

サイト内検索
倉庫・工場建築業者ランキング!
株式会社コアの画像
記事一覧