システム建築ならメーカーでなくビルダーへの依頼がおすすめ!倉庫・工場建築業者を比較ランキングで紹介しています。

システム建築は自由度が高い!クレーン付き・冷蔵・冷凍倉庫は建てられる?

システム建築は、規格統一された資材を使う事により通常の工法よりも安いコストと工期で建物を作れる工法です。規格統一されているとは言っても、自由度も高くクライアントの希望に沿った建物の作成が可能という点で大きいメリットがあります。

システム建築と通常の建築法の違い

通常の工法で建物を建てるのでしたら、材料の調達から始めて工場での作製、そして現場工事の3つの段取を経ないといけません。建築予定の建物の規模次第ですが、1つの段取に平均で2ヶ月は掛かりますし、材料調達の段階で安全性やデザイン等でこだわりがある場合には、更に時間が掛かります。

そういった事情を全て考慮するならば、最短で進んだとしても半年以上の人的及び物的資源を確保する必要があります。特別な材料や設備の導入がある場合には、建築士に関してもベテランや専門性が高い人材を探す事を考えないといけません。しかしシステム建築でしたら、その問題は全てクリア可能です。

まず建築に関わる資材等が全て規格統一されており、耐火性能や耐震性も完備した設計されています。これは設計の段階でも同様で、作成する時は規格統一された図面通りに実施するだけですので、専門性の高い建築士を用意出来なかったとしても一定以上のクオリティの建物の完成が保証されます。

従来の工法における工場での作製に当たる部分が、実質的に省略出来ますので、工期も大幅に短縮可能であり、3ヶ月~4ヶ月で建物を仕上げる事が可能となります。勿論、出来上がる建物の強度はプレハブやテントよりも断然頑丈です。

特に工期を意識しなければいけない工場であったり、倉庫の類を制作する場合には、他の工法よりも多くのメリットがあります。 大手のゼネコンの様に膨大な資金や、人員が用意出来なかったとしても、大規模受注を受ける事が出来る様になる等、建築関係で困る問題を確実にカバー出来ると言っても過言ではありません。

クレーン付や冷蔵、冷凍庫を完備した倉庫の建築は可能?

規格が統一されていると、出来合いの物しか作る事が出来ないのではという心配が出る事もあります。しかし、その点も問題ありません。色や内部の様子等は、クライアントの事情によって変更が随時可能となっています。

例えば階層毎に全く内容が違うお店が入るショッピングモールや、スポーツセンターの類の建築も可能ですし、大規模な工作機械を内部に入れる必要がある場合も問題無く対応出来ます。その範囲内には、当然クレーン付にして冷蔵と冷凍庫を完備した倉庫も入ります。

従来の工法では柱を建てなければいけない関係で、クレーンの動きを遮ってしまう問題とぶつかる事も考えないといけませんでした。他にも冷蔵庫や冷凍庫に品物を搬入する際にも、作業の邪魔になってしまう構造が出来上がってしまう事もあります。

しかし、システム建築でしたら体育館の様に遮る物が無い広範囲の施設を完成させる事も簡単であり、その中にクレーンを入れた上で、作業動線が最適となるように配慮する事も可能です。勿論、冷蔵庫や冷凍庫までの道行も企業の事情に合わせた調整が可能となります。

何より、各段取に置いて規格統一されている強みがありますので、場合によっては建増しも簡単に出来ますし、メンテナンスも他の建築工法よりもシンプルです。耐用年数問題も規格段階から、どの程度耐え得る物なのか明示されていますので、いつ頃リニューアルする必要があるか最初の段階からハッキリ分かります。

システム建築を選択する時の留意点を教えて

システム建築は最小限のコストで、最大の効果が上がる事に最大の魅力があります。出来上がる施設に関しても一定以上のクオリティがありますし、建設費が抑えられる分は内部施設や他の備品へ回す事が可能になるのも捨て難いポイントと言えます。外観についても、かなりの工夫が可能ですので、ライトアップや景観へ合わせる色彩を追求する事も可能です。

ただし、同じシステム建築を扱うのであっても、会社によって得意分野がある事をしっかり理解しておく必要があります。会社によっては、体育館等を代表する様な無柱空間を得意とする所もあれば、自由度が高く作業動線に合わせた空間設計を得意とする所もあり、学校や福祉施設関連を制作するのを得意とする所等、かなり特徴が分かれている事は理解しておかなければいけません。

その為には、依頼前の段階からコスト面のみに注目するのではなく、自社の利益を最大限にする具体的なプランイメージを考えておく事が必須となります。

今回の場合は自由度と作業動線を重視した施設を得意とする所に依頼した方が、冷蔵庫や冷凍庫とクレーン完備の条件を満たした倉庫の作製には適切となりますが、それ以外の面で要望がある場合は出来るだけ明確にしておいた方が現物を作る時に上手く反映させる事が出来ます。

比較的簡単に建増しも出来ますし、特殊な設備を使いやすくするメリットもありますが、やはりベストなのは1つ目の時点で、最大限の効果が出る建物に仕上がる事です。その為の計画に妥協はしない方が堅実な結果に繋がります。

 

システム建築は規格が統一されている分だけ従来の工法よりもずっと短い期間で仕上がる上、メンテナンス等がしやすいというメリットがあります。規格統一された強みがありますので、冷蔵庫と冷凍庫、クレーンを完備した倉庫も問題無く組立てられます

ただ、会社によって得意分野の違いがあり、計画段階の時点でコスト以外にも、具体的にどういった機能が欲しいのかといったポイントを明確化しておく事を忘れないのが重要です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
倉庫・工場建築業者ランキング!
株式会社コアの画像
記事一覧