システム建築ならメーカーでなくビルダーへの依頼がおすすめ!倉庫・工場建築業者を比較ランキングで紹介しています。

システム建築で倉庫と工場・事務所を併設してコスト削減を目指そう!

公開日:2020/06/15  最終更新日:2020/06/17

一般住宅用の工期短縮手法として2×4という工法があります。当工法はコストの低下も実現しており、国内に広く普及しています。それに類するものが、倉庫や工場の建築にも登場しました。それがシステム建築と呼ばれるものです。システム建築の場合は設計・施工から部材調達まで全てシステム化されます。

十分な耐久性と耐震性が確保されている

工場や倉庫などは事業用建造物に該当し、低コストで建てることが求められます。小さな投資で大きな収益をあげるのが事業の基本だからです。それゆえ、目立つようなデザインにする必要は全くないと言えます。肝心なのは必要なスペースを確保しながら、耐久性の高い建造物にすることです。そうした点において、システム建築は最適な建築手法となるわけです。

当手法では設計・施工方法が標準化されており、使用する建材も全て規格化されています。それにより建築コストの低減化が実現され、工期短縮にもつながっています。しかも高品質な建造物に仕上がるので、長期の使用にも十分に対応できます。

さらにシステム建築では用途や目的に応じて、屋根や壁などを選ぶことも可能です。周辺環境に応じて、構造も選択することが出来ます。それにより、より効率性の高い建物に仕上げることができるわけです。

当建築手法の大きなメリットの一つが、間柱が無い大空間が可能になることです。部材の軽量化と耐久構造により、それが実現されています。部材の軽量化はコスト削減にもつながり、全体の建築費の低下をもたらします。

屋根材や壁材には腐食性の高い鋼板が使われ、十分な耐久性と耐震性が確保されます。施工には高所作業車などが使用できるので、仮設足場が不要な分コスト削減になります。高所作業が減らせる分、現場の安全性向上にもつながるわけです。

コストの大幅な削減につなげられる

システム建築で建物を建てる場合、建築条件により費用が大きく異なります。その他、建てるエリアや建物の仕様によっても建築コストは左右されます。勿論、施工会社によっても異なるので、複数の会社を比較検討して選ぶことが大切だと言えます。

サイトにより建物のサイズやエリアを入力するだけで、おおよその建築費用が算出できる会社もあります。システム建築で倉庫等を建てる場合の費用は、従来工法に比べ25%コストカットできると言われます。使用する建材は規格化され、大量生産が可能となっています。施工方法もシステム化され、効率よく進められます。

それにより工期の短縮化が実現し、人件費の削減をもたらしているわけです。システム建築の工期は短いですが、建物の構造は十分な耐久性が確保されています。柱や梁の形状が細部に至るまで計算されており、強度を維持したフレーム構造を形成します。

全体の構造も軽量化されており、耐震性の高い建物に仕上げられるわけです。当工法では通常、屋根や壁にガルバリウム鋼板が採用されています。ガルバリウム鋼板は軽量金属の一種で、耐久性が高く寿命も長いのが特徴です。

強度も抜群で、台風や地震に強い建材として重宝されているわけです。そのように建物の強度が高いので、システム建築の倉庫に工場や事務所を併設することも可能です。それによって、コストの大幅な削減につなげられるのもメリットです。

事業規模に応じて増設・併設が可能

システム建築では設計から建材の標準化まで、全て自動化できるようコンピューターでシステム化されています。施主が要望する建物に応じて、コンピューターが自動で設計を行います。見積から施工に至るまでシステム化されており、低コストと工期の短縮化が図れます。

細部にこだわらなければ、同建築システムは有力な選択肢になるわけです。殆どの部材は規格化されていますが、業務ニーズや周辺環境に応じたパーツも設計可能です。設計に関しても柔軟性を備えており、増築や増設にも対応可能です。

そのため後から倉庫に工場を併設したり、事務所を増設したりできます。併設や増設の場合は、新設と比べて建築コストを大幅に削減できるメリットがあります。システム建築では耐久性の高い建材が使われており、後からの併設・増設にも十分に対応することができます。

その耐久性は鉄骨造と同等と言われています。それを実現するのが軽量金属による耐久構造となります。その耐久構造は地震にも強く、間柱の要らない大空間も実現可能です。それもコンピューターによって構造と建材を徹底的に検証し、最も耐久性の高い構造体を設計できるためです。

しかもニーズに応じた建物を施工できるので、事業規模の拡大に応じて増設・併設できるのもメリットです。当施工法による通常の倉庫の場合、工期は4か月程度と言われています。これは従来工法と比較して、2割ほどの工期短縮に相当します。

 

システム建築は規格化された建材と、標準化された施工方法で建築コストを大幅に削減できます。強度や耐久性も、工場や事務所の増設・併設にも対応可能です。工期も2割程短縮でき、事業ニーズに応じた設計ができるのもメリットです。

倉庫・工場建築業者ランキング!

商品画像12
3
4
5
商品名ガンコ建築株式会社株式会社コア矢作建設工業株式会社石井工業株式会社株式会社小竹組
特徴工場・倉庫に特化したシステム建築のエキスパート高品質・低価格な工場・倉庫を建設可能オールマイティな建築実績を持つ長い歴史を誇る地域密着業者幅広い物件ジャンルに対応
詳細リンク公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ

おすすめ関連記事

サイト内検索
倉庫・工場建築業者ランキング!
株式会社コアの画像
記事一覧