システム建築ならメーカーでなくビルダーへの依頼がおすすめ!倉庫・工場建築業者を比較ランキングで紹介しています。

工法別に見る倉庫建築比較

ここでは、倉庫建築に使用される工法である「テント倉庫」・「プレハブ建築」・「システム建築」の3つをご紹介します。

システム建築のメリット・デメリット

システム建築とは、建築の設計やパーツの生産など建築に必要な工程を全てシステム化した工法です。

システム建築のメリットは、「ニーズに沿った見積ができる」・「高品質な建物を作れる」・「耐久性・耐震性に優れる」・「工期が短縮できる」などがあります。

システム建築は、コンピューターで全ての工程を自動化することで、工程を全体的に短縮できます。加えてCADを使用してパーツを設計できるため用途に応じて、大きさや色などの調整、倉庫の広さや配置も自由に決められるのがメリットです。

反対にデメリットは、「外装のデザインが制限がある」・「テント倉庫やプレハブ建築より費用が掛かる」のが挙げられます。

コンピューターによる設計及び生産を実施できるメリットがある反面、建物の外装のデザインはあまり自由にできないのが主なデメリットでしょう。倉庫のデザインにこだわりを持たせたい場合は、少々物足りないかもしれません。

また費用も在来工法よりは低コストですが、テント倉庫やプレハブ建築より割高になる傾向があります。その分、耐久性や耐震性に優れており悪天候や地震などにも耐えてくれるのは、メリットです。

プレハブ建築のメリット・デメリット

プレハブ建築とは、パネルや柱などの必要なパーツを工場で生産・加工して、現場で直接組み立てる方法です。

プレハブ建築のメリットは、「工期が短く済む」・「コストが抑えられる」・「寿命が長い」・「用途が幅広い」などが挙げられます。プレハブ建築は必要なパーツのストックが可能なため、コストを低く抑えることができるのに加えて、標準化したパーツを使用するため材料手配の時間及び工期を短縮できます。

また、移設や増設が自由にできるため、倉庫から工場に変更したり、店舗や事務所として使用することもできます。

反対にデメリットは、「デザインや設計に制限がある」・「柱が邪魔になることがある」・「防火対策が必要になる場合がある」などがあります。プレハブ建築は、予め決められたパーツを使用するため大きさを調整したり、自由にデザインするのはあまりできません

また、プレハブ建築は敷地境界線の3mもしくは6m以内に他の建物がある際は、防火対策が必須になるため、その分のコストが発生する可能性もあります。

テント倉庫のメリット・デメリット

テント倉庫とは、骨組みに沿ってテント用のシートを張って作った倉庫のことです。

テント倉庫のメリットは、「工期が短い」・「コストが安く抑えられる」・「様々な形状に対応できる」/「日光を取り入れやすい」・「冬場でも快適な温度を保てる」などが挙げられます。規模次第では2か月以内で完成できたり、軽めの素材を使用するため材料費が抑えられるなどのメリットがテント倉庫の大きなメリットです。

またランニングコストも低く抑えられたり、設計の自由度が高いのもテント倉庫の良い点です。

反対にテント倉庫のデメリットは、「シートが劣化しやすい」・「風や紫外線などに弱い」・「夏場は温度が非常に高くなる」・「移設や増設が難しい」などが挙げられます。増築や修繕などは低コストで容易にできますが、耐久性は少々欠けてしまいます

特殊な用途でない限りは十分耐え得る強度ではありますが、シートの寿命は10年以内と言われており、シートの交換費用も中々割高になってしまいます。また、場所の移動も難しいのもデメリットになります。

 

いかがでしたでしょうか。このように、倉庫建築には3種類の工法がありそれぞれメリットとデメリットが存在します。コストや耐久性、工期の長さなど総合的に考えると、システム建築がおすすめでしょう。
この記事が参考になったなら、幸いです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
倉庫・工場建築業者ランキング!
株式会社コアの画像
記事一覧