システム建築ならメーカーでなくビルダーへの依頼がおすすめ!倉庫・工場建築業者を比較ランキングで紹介しています。

システム建築の倉庫で「できないこと」とは?注意点を事前に押さえておこう

公開日:2021/01/15  最終更新日:2020/11/25


システム建築では部品規格が統一されているため、短期間で建物をつくることができます。プレハブやテントよりもよい建物がつくられ、予算を抑えながら高品質な建物を実現しています。システム建築は倉庫関係にも対応していますが、中には対応できないこともあります。そこでシステム建築の基本と、倉庫依頼時にできないことを説明します。

システム建築で作る倉庫について

通常の工法で倉庫をつくる場合には、材料調達と工場作成、現地工事で3つの段取りが必要で、規模や予定外の出来事などを度外視すれば平均で半年程かかります。何か特別な仕様を考えた場合は、その分時間と費用を上乗せしなければなりません。しかし、システム建築でしたら依頼を受けた時点で設計を可能な限り、機械に任せる事になりますので工場作成の段取りが不要になります。

結果として、3~4か月程度での作成も充分可能です。不要になった段取り分の費用や資材調達の手間を省けるうえ、部品規格が統一されている分だけ専門的な職人を手配する必要がありません。クライアントにとっては、大きいメリットが見込めます。

階数毎に違う内容の工場を入れることも可能ですし、場合によっては店舗に流用する様なことも不可能ではありません。耐震性と耐火性にも優れていますし、部品規格が統一されている強みとして、メンテナンス時期や耐用年数が明確なので建て直す時期の見極めも簡単です。

東京都内で建物を作った場合ですが、坪単価で計算すると15,000円程度程従来工法よりも安いという点も押えておきたいポイントといえます。会社の事情にもよりますので、一概にいえない部分もありますがプレハブやテントを建てるよりも長めの時間と予算の確保が可能であり、建物全体の寿命も相応の長さが欲しいという様なときにはシステム建築は充分検討してみる価値があります。

それぞれの会社が得意とする専門分野を、事前にしっかりチェックした上で依頼するならば、満足する倉庫が間違いなく完成します。

システム建築倉庫の注意点

スカッシュやボルダリング等の特殊な設備等にも、システム建築は対応可能ですし光熱費の節約といった面を追求するために太陽光パネル等を使うことも、相談次第で充分実装できます。階層毎に違う設備を入れることもできますし、何か特別な機材や作業員の動線を意識したつくりにしたいという様なことも可能なので、メリットが多いのは間違いありません。

ただし注意点も当然存在し、部品規格が統一されているため、デザインに際立った独創性を持たせたい様なときには従来工法に一手遅れを取ります。工場の性質上、飲食店や商業施設のように多くの来客を考えたデザインにする必要がないということで、度外視するという考えもあります。

しかし、ある種のイメージ戦略だったり、頻繁に工場見学の団体を案内する様なときには従来工法の方が条件に合うかもしれません。周辺環境に合わせて、見苦しくない様なデザインにするなどの調整は可能ですが、そのレベルを1歩出るのは難しいと思ってください。

他にも、屋上への設備搭載は荷重設計が必要ということも要注意です。システム建築は、屋上に太陽光パネルや緑化ユニットを設置できるというメリットがありますが、それぞれの製品によって、総重量がまったく違います。事前に考慮した設計で計画を進めないと、完成した後に製品を設置できないということも起きやすいです。

増設や併設の関係でも同様の問題は発生し、1階部分で既に存在する建物内の配置を多少変える程度でしたら問題はありません。しかし、2階以上の場合は織り込み済みの設計が基本であり、そうでない場合は増築不可能になることも出てきます。

導入を決定する場合の判断基準

システム建築で倉庫を構築する場合には『長期的にその土地で事業を行う必要性の有無』を基準に考えることをおすすめします。倉庫内で保管する商品の調温や湿度コントロール、工場や事務所に必要な換気や調温機能などで、ある程度以上のクオリティと耐用年数が欲しいという様な条件がある場合はシステム建築の導入を一度検討するべきです。

たとえば、コスト面のみを気にするというのであれば、屋根の膜構造やオプション設備でコストを抑えた倉庫を作成する方法が存在します。事業が比較的短期で終わる予定だったり、徹底した低コストで事業をスタートさせたいというのであれば、膜構造のみのテントやプレハブも1つの選択肢です。

強度面や自由度、設備の品質といった面では遅れを取りますが、完成までの期間とコストの安さという点ではテントやプレハブの方が優っています。耐久性の面で比較した場合、テントとプレハブは20年程度でシステム建築の方は30年と言われています。

またシステム建築を導入しているのは、主に物流業界と食品業界であることも押えておきたいポイントです。これらの業界は、柱のない大規模空間や選別する作業スペースが欠かせないという面でシステム建築は条件を満たしているといえます。

 

「オリジナリティが際立った建物を作りたい」という様な場合は、システム建築ではなくて従来工法の方が向いていることがあります。他にも太陽光パネルや緑化ユニットを増設したいという場合には、必ずその分の重量も計算に入れた設計にすることが大前提です。また事業計画の期間も、システム建築を導入する有力な判断材料になるでしょう。

倉庫・工場建築業者ランキング!

商品画像12
3
4
5
商品名ガンコ建築株式会社株式会社コア矢作建設工業株式会社石井工業株式会社株式会社小竹組
特徴工場・倉庫に特化したシステム建築のエキスパート高品質・低価格な工場・倉庫を建設可能オールマイティな建築実績を持つ長い歴史を誇る地域密着業者幅広い物件ジャンルに対応
詳細リンク公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ

おすすめ関連記事

サイト内検索
倉庫・工場建築業者ランキング!
株式会社コアの画像
記事一覧