システム建築ならメーカーでなくビルダーへの依頼がおすすめ!倉庫・工場建築業者を比較ランキングで紹介しています。

トラブ回避!工場建設の近隣住民説明会で気を付けるべき注意点とは?

システム建築を利用すれば品質がいい工場を比較的短期間で、費用を抑えて建築することができます。事業をスムーズに進めるために、すぐにでも建設に取り掛かりたいところです。しかし近隣住民から何かとクレームが付きやすいため、トラブルを避けるためには住民説明会が欠かせません。

工場の生産活動開始時に考えられるリスクについて説明が必要

システム建築でスムーズに工場が完成したあと実際に稼働させたとき、クレームが多いのは騒音や振動です。どんなに建物を頑丈につくっても、搬入や搬出する際に出る音などがありますから、近隣住民の方々には丁寧に説明しなければなりません。法律で、環境に与える騒音や振動について決められており、当然違法にならないようにつくります。

また、どれくらい影響を与えることになるかも、しっかりと調査してデータ化した上で申請を行わなければ建築許可は下りません。その内容を単純に地域の方々に説明しただけでは、十分理解してもらうことはできないでしょう。

注意点として騒音や振動が出る可能性があること、どの程度の体感になるか、迷惑をかけないために計測機器を設置し常に監視することなど具体的な対策を報告しなければなりません。建設する工場によっては、悪臭のことも説明を行う必要があるでしょう。悪臭を外に出すことがないよう、設置する空調設備についての説明が必要になります。

より深く理解してもらうためには図解や写真、あるいは映像などを駆使して説明を行っていくことが大切です。また、他の地域ですでに同じような工場を建設済みで稼働しているのであれば、見学会を開くことも一つの方法といえます。

疑問点については、たとえ同じ質問が繰り返されたとしても何度でも丁寧に説明していくことが大切です。話し合いの時間を短く済ませてしまうことは、極力避けなければなりません。

システム建築による工事について詳細を説明し理解を求める

建設する工場について理解が得られても、建設中にトラブルが発生してしまうと、最初の理解も覆され建設反対に回ってしまう恐れがあります。だからこそシステム建築についても十分に説明を行わなければなりません。注意点として建設に詳しくない方にもわかりやすいよう、専門用語は噛み砕いて話をしていく必要があります。

すべてがシステム化されて工期が短くて済むメリットは、近隣住民の方々にとってもいいことであることを話さなければなりません。短期間であれば、工事車両の出入りや工事の騒音や振動も通常の建設現場より影響がでないことを話しましょう。

また、しっかりと騒音や粉塵対策をすること、誘導員を配置して一般車両や歩行者の安全を図ることも工事現場では当たり前のことですがすべて説明します。説明会を開催するときには、工事工程表を提示できる状態にしておかなければなりません。

着工や竣工時期について不満を持っている人がいた場合、よく話し合ってお互いに妥協点を見出していくことが大切です。あまり頑な過ぎると話し合ってもらえなくなることがあるため、着工時期についてはある程度余裕を持って予定を組んでおきましょう。

話し合いを行うときには建設現場責任者だけでなく、工場のトップや会社の社長なども同席して挨拶を交わしておくことが大切です。短い時間の中でお互いを知り、信頼関係を築くことがポイントになっていきます。

トラブルが起きたときの連絡体制について

工場建設でシステム建築が多く採用されるようになってきたのは、作業現場でトラブルが起きにくく、部品や素材、組み立てに至るまで、すべて仕様が標準化されているからです。工期の遅れは出にくいですし、決まった時期に検査を受け竣工に至ることが容易です。

しかし、現場に人間が関わっている限り思わぬトラブルが発生してしまうものだと考えなければなりません。車両が大きな音を立てたり、作業員が大声を出したりする可能性があります。

さらに、現場において急病人が出ることもあるかもしれません。なにかトラブルがあったときの連絡体制と、解決の道筋についてもシステム建築を行うときは元々決まっていることがほとんどです。しかし、住民説明会のときにはみなさんを安心させることができるよう、広く意見を取り入れる気持ちを持って説明していくことが大事です。

工事の期間だけでなく、工場操業中のトラブル対応についても、説明が必要です。ISOやHACCPに則り対応するといった大雑把な言い方では意味がありません。具体的に説明しないと理解を得ることはできないでしょう。

住民からの苦情や問題点の報告などを受け付ける窓口を設けて、いつでも気軽に連絡できる体制を整える必要があります。電話やメールなどの連絡先をわかりやすく提示し、土日や祝日なども受け付けできる体制が望ましいです。

緊急対応が必要なのに、連絡が取れないようなものでは意味がありません。住民の方がいつまでも不安や心配、怒りなどを抱えたままにならないよう、すぐに話すことができてスムーズな対応と解決に繋げることが大切です。

 

トラブル回避のため、近隣住民説明会を開催することはとても大切です。例えばシステム建築で山の中に工場を建設する場合でも、天候によって騒音や悪臭の被害が出る可能性もあるので、山への入口になる道路の近隣に住む人々に対してはきちんと説明会を開催しましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
倉庫・工場建築業者ランキング!
株式会社コアの画像