システム建築ならメーカーでなくビルダーへの依頼がおすすめ!倉庫・工場建築業者を比較ランキングで紹介しています。

システム建築は平屋と2階建てどちらを選ぶ?それぞれの特徴とは?

公開日:2020/11/15  最終更新日:2020/10/05

システム建築は、通常の工法よりもローコストで納期も短く済むメリットがあります。もちろん平屋も二階建ても可能ですが、それぞれの特徴がわからない方も多いでしょう。そこで今回は、システム建築での平屋建てと二階建ての特徴を詳しく解説します。

システム建築ってどういう工法?

従来の工法で建物を仕上げる場合「資材の調達」「工場の作製」「現場工事」の3つの段取りが必要となります。各工程には最短で2ヶ月程度かかり、凝った作りにしたい場合には熟練工の確保もしなければいけません。資材調達がスムーズに行かない事等を考慮するならば全工程完了までに、半年から1年は必須となります。

対してシステム建築の場合は、部品の規格が統一されており組立も指示通りにやれば完成する仕様になっています。つまり従来工法の第二段階の工場の作製の段取りが省略できるという事であり、指示通りに作ればよいだけなので一般的な技術を有する工員が確保できるならば、一定のクオリティを持つ建物が間違いなくでき上がります。

工期は最短で3ヶ月~4ヶ月ですので、その分人件費や資材費を大幅に節約する事も可能です。もちろん、平屋の建物から複数階層の建物まで作成可能であり、複数階層の物だった場合はたとえばスポーツジムのように各階層にプールや体育館など、まったく違う用途の施設を入れる様な事もできます。

規格が統一されているぶんメンテナンスも容易であり、耐用年数もわかりやすいでしょう。作業動線を意識した上で設計してもらう事も可能です。

ただし、会社によって福祉施設やレジャー施設等、得意分野が結構分かれている事も少なくありません。その点を考慮するのであれば、特別な施設を作りたいという要望がある、業界特有の機微等を理解してもらえないと困るという場合は、条件を満たした専門の会社を探す事をおすすめします。

平屋建てと二階建ての違い

建築自体は、システム建築でしたら平屋でも二階建てでも全く問題ありません。ただ、気にする点があるとするならば、まず「土地の広さ」です。二階建ての場合はある程度小さめの面積でも構築可能ですが、平屋方式の場合は相応の面積が無いとシステム建築でも難しいです。

その点でいうならば、持っている土地にどの程度の家が建てられるのかという事で、建築面積を割り出す必要があります。敷地面積と建築面積の割合の事を「建ぺい率」ともいいますが、わからない場合は依頼先の会社に聞いてみるというのも1つです。

次に、「使用者の動線を考える」のも重要となります。住宅のケースならば複数世帯で転倒等の心配があるというならば平屋が向いていますし、2世帯以上で暮らしつつプライバシーも重要視したいというならば、二階建てにするのも選択肢といえます。

そして此処も重要なポイントですが、二階建ての方が安いと言っても、それは平均的にいえばという事です。システム建築を選択した時点で従来工法の時程に予算が大きくなる心配は減り、ある程度の上限が見えたりもしますが、何らかの趣向を凝らしたい場合にはやはり相応の額にはなります。

何も仕掛けがなかったとしても、基礎外壁の工事や床面積でも同じ面積で考えた場合には、二階部分の方が大きい分だけ割高になる等もありますので、その辺りの違いも必ず着工前に会社の担当者としっかり話し合う事をおすすめします。

固定資産税やメンテナンスについてもチェック

家を建てる場合、都市計画税と固定資産税の2種類がかかります。平屋と二階建ての場合は条件が同じならば、平屋の方が屋根や壁などに多くの資材を使うという点で固定資産税が掛かります。何十万円も変化がある訳ではなく、平均で1万円前後の違いですが、システム建築を使った場合もこの点は共通します。

また、メンテナンス代の事も、考慮しておいた方がよい部分です。基本的には平屋より二階建ての方が足場を組まなければならない分だけメンテナンス代が高く付く傾向にあると思って下さい。掃除は施設の性質によりますが、平屋でしたら間取りが単純な事が多く、複数階層ある場合は複雑さと手間の面で長くなる事も少なくありません。

他にも階段下のデッドスペースを、どうやって活用していくのかという点でもいろいろ考える事が発生する事が少なくありません。もちろん、これらの問題は施設の性質や営業形態によってはまったく問題にならない事もありますし、逆に想像以上に足かせになってくるという事も考えられます。

システム建築ならば、従来工法よりも融通できる部分が多くコストが抑えられるのも間違いないですが、それは入念な打ち合わせがあってのことですので、施設の建築目的やそのために何が必要かといったポイントを事前に必ず明確化しておく事をおすすめします

 

システム建築でしたら、平屋でも二階建てでも問題無くできます。ただし、一般的には平屋建ての方がメンテナンス代や税金の分で高く付く傾向があります。足場の制作の有無等が主な原因になりますが、他にも掃除のしやすさ等でも差がつく事が多いです。

そして施設の性質にもよりますが、一般的な工法で建てるよりもシステム建築で建てるぶんどちらのタイプでも総額が安くなる事は確実になります。

倉庫・工場建築業者ランキング!

商品画像12
3
4
5
商品名ガンコ建築株式会社株式会社コア矢作建設工業株式会社石井工業株式会社株式会社小竹組
特徴工場・倉庫に特化したシステム建築のエキスパート高品質・低価格な工場・倉庫を建設可能オールマイティな建築実績を持つ長い歴史を誇る地域密着業者幅広い物件ジャンルに対応
詳細リンク公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ

おすすめ関連記事

サイト内検索
倉庫・工場建築業者ランキング!
株式会社コアの画像
記事一覧